ツイッターが流行ってる訳ですが、チャットと混同して使ってる人を見かけるんですよねぇ。画面に表示されるタイムラインの「見た目」はチャットっぽいけど、ツイッターとチャットは全く違うんだよね。フォローとかフォロワーなんて言葉がその混同を生んでいるのかもしれないけど、こう考えると分かりやすいんじゃないかな。
ツイッターというのは140文字のミニブログで、そのブログを読みたい場合にその人をフォローし読者登録をする。すると、自分が読者登録してる「ミニブログ」が、自分のマイページに時系列で表示される。これが「タイムライン」の基本なんだよね。で、その読者登録してるミニブログに@+IDとすることでコメントをすることも出来るってことだよね。
でもね、ここでちょっと考えなきゃいけないのが、自分がツイートするものは全て「自分のミニブログの記事」として扱われるってこと。つまり、「この人はどんなミニブログを書いてるのかな?」と、あなたのツイッターページにアクセスした場合、あなたがどんなミニブログを運営してるのかが分かる訳さ。
これがさ、ズラーっと@+ID付きの「他人のミニブログへのコメントツイートばっかり」な状態になったらどうだろうか?そのミニブログを読みたいと思うんだろうか?w
しかも、ツイッターの面白い特徴で、あなたが読者登録してるミニブログを、あなたのミニブログに読者登録してる人も登録しないと、話の流れが全く見えないってことになるんだよね。ここすっごく重要なところなんさ。まぁ、ややこしいけどねw
でね、これを回避するやり方もある。RT(リツイート)という方法なんだけど、これを使うことによって、あなたが読者登録してるミニブログの内容を、あなたのミニブログに読者登録してる人にも知らせることが出来る訳だ。ややこしいねぇwww
このツイッターのややこしさをREEMBODYメンバーさんが上手い表現をしたんだよね。ツイッターって井戸端会議だよねと。
要するに、井戸端会議の輪の中に入ればすべての会話を聞くことが出来るけど、輪の中心から外れてしまうと会話の一部しか聞くことが出来ず、話の流れが全く 見えないってことなんです。で、その井戸端会議の輪にはいつでも入ることが出来て、いつでも外れることも出来るのさ。んで、その井戸端会議の横を通り過ぎる時に「おはよさーん、今日もいい天気だね!」なんて声をかけることも出来るってことだね。ほんと面白い仕組みだよねぇw
このややこしさをいっぺんで理解できるナイスなサイトがありました。ReplyのイメージReTweetのイメージDirectMessageのイメージがイラストに書かれているので、ぜひ読んでみてくださいな。
想造ノート: Twitterにおける3つの返信方法、@とRTとDの違いをイメージ図にしてみた。



■ アフィリエイト&コンテンツ系作業の状況はこちら
アフィリエイト収入で生活するきゃんたまんの作業日誌(はてなダイアリー)



■ アフィリエイトでサクッと7桁稼げる情報はメルマガでお届けしています。